Engawa Teatime

ボーカル&ギターの夫婦ユニット。オリジナルや洋邦楽POPS中心のカバーをゆるやかにシンプルにお届けします。

高野好美さん

どうも、ムーミンことエンガワの旦那の方です。皆様お久しぶりです。


12/17(住吉 Fill in), 12/22(三鷹 おんがくのじかん)と、珍しく同一アーティストのライブを二連続で聴いてきました。

エンガワ夫婦が愛して止まない、ピアノ弾き語りの高野好美さん。

f:id:engawateatime:20161223154723j:plain


こんな方です。とにかくまずは演奏をご覧ください。↓


「海に生まれて」

https://youtu.be/Guq0oNff5oU



高野好美さんは、知る人ぞ知る今密かに人気を集めるシンガーソングライター。


なんで”知る人ぞ知る”とか”密かに”なのかというと、SNSはほとんどやらず、彼女自身のウェブサイトも無し。

次のライブスケジュールは、ご本人のライブに行って、直接フライヤーを受け取るか、直接メールしてお聞きするしかないからなのです(なかなかの漢っぷり!)。


故にライブ自体の数もまだそれほど多くはなく、彼女の音楽に触れるチャンスが少ないというのもその理由です。




高野さんの作品は、遥かなる宇宙や、生の源である地球、母なる海や大地、太古の記憶、生命の連環などをテーマにしたものが比較的多く、こうやって文字にすると、何やら胡散臭い感じになっちゃいそうけど、実際はそんなことないんですよね。


たとえ壮大過ぎて受け止めきれなさそうなテーマであっても、彼女の豊かな想像力(本人は妄想と言っているけど(^^;; )と、巧みな言葉のチョイスによって、ひとり一人の心の中に優しくスッと落とし込んでくれます。


誰もが、そうそう、そういうことなんだよねぇ、と自然に受け入れられるような提示の仕方をしてくれるので、とても素直に彼女の世界観を共有することができます。

そしてそれらが決して押し付けがましくない。←コレ大事!


彼女の1stシングル「Circle」

https://m.soundcloud.com/shoptt/tt017


僕も彼女の曲を聴くと「そうなんだよなぁ、全ての生は幾多の死の上に成り立ってるんだよなぁ…よし、オラ虫も殺さぬ優しい男になる!(ゴキ●リ退治はするけど)」なんてことをガラにもなく考えちゃったりするわけです。


昨夜も家でカミさんと一緒に彼女の新曲(彼女の企画ライブに行くと貰えるお土産CD)を聴いて、あまりのイマジネーションの刺激されっぷりに夫婦で悶絶しておりました(*´Д`*)




もちろんとても身近な事柄をテーマにしている曲もたくさんあります。


ラムネのビー玉が取れずもどかしい思いをした幼少時を、今の自分というフィルターを通して語る「ビー玉」


大切な人とのケンカは、結局許し合うことにたどり着くということをテーマにした「丸い指先」などなど。


誰だって食ったらウンコして寝るでしょ、という「食べてうんこしてまた明日」なんてクスっとしちゃう歌もあります。




さらに特筆すべきは、淀みなく流れる旋律が横溢するその楽曲。

そして独特の揺らぎの中に、心地良さと郷愁を内包するボーカルと、パーカッシブで疾走感のあるピアノプレイ(超速パッセージでヨレるのはご愛嬌)!


「からだ」「躍動」

https://youtu.be/XrVwlBOuL6Y


「同じ夜の中」

https://youtu.be/JZQL5PjaMTU


2nd シングル「やわらかな夜」

https://youtu.be/GCCVNkK12v4



そんな高野好美さんを皆さんにご紹介し、尚且つライブでご一緒できるのが、いまから楽しみでなりません。


これからの高野さんは、どんどん手の届かない存在になりそうな予感がしています。

エンガワが企画でお呼びできるのも、今後はあまり期待できないかもしれません。←がんばれー。


ということで、皆様もぜひ12/29(木)は、Leaf room豪徳寺で”高野好美体験”を!


会場でお待ちしています。


Engawa Teatime presents

「New dimension」

https://www.facebook.com/events/352408815130195/?ti=icl